新開発品

押出成形機・射出成形機部品用電気炉

樹脂加工の現場で必ず作業しなければならない押出成形機や射出成形機などの金属部品に付着した樹脂の除去・処理を大幅に省力化出来ます。

主な用途

ブレーカープレート・ダイス(金型)・分割式スクリュー・ノズルなど
(樹脂関連に限らず様々な金属部品などに使用できます)

東リツ電気炉の特徴
  • 幅851x奥行き867x高さ806 重量110KG
  • 処理温度:~500℃(処理時間・温度は樹脂により異なります)
  • 定格:200V 三相 3.3KW
  • 処理温度:~500℃(処理時間・温度は樹脂により異なります)
  • 樹脂押出成形機用ヒータで長年実績がある、TORITSシーズヒータを熱源として加熱致します。
  • 従来の危険と手間が伴うバーナーでの手作業と比べ格段に作業が安全で楽になります。
  • 薬剤を使用しませんので、金属部品を傷めたりする事がなく薬液の処理も必要ありません。
処理作業の一例 before-after

<参考ワーク>ブレーカープレート/樹脂材質:ポリエチレン 処理温度500℃ 処理時間3時間

処理前

処理後(処理完了後エアブローのみ)

※ご使用の樹脂によっては完全に除去できない場合があります。サンドブラストを併用すると完全に除去できます。